FC2ブログ

ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

2010年夏の青春18きっぷ の記事一覧

秩父鉄道6000系

2010.09.07 (Tue)
秩父鉄道6000系


西武鉄道新101系を改造した秩父鉄道6000系。6001号編成~6003号編成の3本が在籍。急行「秩父路」に使用される急行形車両で外観から分かるとおり新101系で3ヶ所あった乗降口のうち中央の乗降口を閉鎖。車内はロングシートからクロスシートに変更されているそうです。

秩父鉄道6000系は乗車したことがないので車内は未見ですが、Wikipediaによると座席は西武10000系更新時に発生した旧シートを再利用したオールクロスシート。少しだけリクライニングするけど回転できず向かい合わせのままでボックスシートのようなシート配置とのこと。

当分先だとは思うが、1000系のパターンからすると最後は西武鉄道の黄色になるのでは?

秩父鉄道1000系1012号編成「カナリアイエロー」

2010.09.07 (Tue)
秩父鉄道1000系1012号編成


秩父鉄道1000系は1986年から1989年に国鉄・JR東日本から101系を購入した車両で3連の1001号編成~1012号編成の12本が在籍していたが、2009年に1004号編成・1006号編成、2010年3月に1011号編成が廃車。

また、2007年からさいたま鉄道博物館開館を記念して4本がオレンジバーミリオン・スカイブルー・カナリアイエロー・ウグイス(関西線色)の国鉄風塗色に変更され人気を博しています。
続きを読む »

国府津車両センターE231系K-28編成

2010.09.06 (Mon)
E231系横コツK-28編成(高崎駅)


東海道・宇都宮・高崎線向けE231系1000番台。2階建てグリーン車2両を含む10連の基本編成K-01編成~K-42編成と5連の付属編成S-01編成~S-34編成が国府津車両センターに在籍。

高崎線にはE231系1000番台のほかに211系が残っていますが、おそらく211系は近い将来、東海道線で使用されているE233系3000番台に置き換えられると思われます。
続きを読む »

真岡鐵道 DE10形1535号機

2010.09.06 (Mon)
DE10形1535号機


真岡鐵道のウェブサイトによると、DE10形1535号機は宇都宮運転所で保留車扱いになっていた同機を2004年にJR東日本が真岡鐵道に譲渡。2004年11月からSLもおか号の回送牽引で活躍。真岡鐵道が保有するディーゼル機関車はこれ1両のみ。
続きを読む »

勝田車両センターE653系 特急「フレッシュひたち」

2010.09.06 (Mon)
E653系水カツK301編成(上野駅)


お盆休み期間の乗り鉄旅のときに勝田駅でも撮影したE653系「フレッシュひたち」を上野駅地平ホームで撮影。E653系は全部で5色あり先日の勝田駅ではスカーレットブロッサムとブルーオーシャンを撮影したのでそれ以外を待つことに。まずはスカーレットブロッサムK301編成。
続きを読む »

寝台特急「北斗星」・「カシオペア」

2010.09.05 (Sun)
上野駅


熊谷駅から高崎線の列車に乗車し1時間弱で終点の上野駅に到着。宇都宮線・両毛線・高崎線と乗り継いで今朝出発した上野駅に戻ってきました。さて、これで北関東周遊は終了。最後は上野駅で地平ホームに発着する列車を少しだけ撮影。
続きを読む »

秩父鉄道 熊谷駅 #2

2010.09.05 (Sun)
秩父鉄道1000系1007号編成


登場時の塗装に戻された秩父鉄道1000系1007号編成が熊谷行きとして入線。秩父鉄道といえば鉄オタ的に注目は国鉄101系を改造した秩父鉄道1000系。1001号編成~1012号編成が在籍していたが、2009年に1004号編成と1006号編成、2010年3月に1011号編成が廃車。今後も秩父鉄道7500系の導入にともない1000系の廃車が進むと思われます。
続きを読む »

秩父鉄道 熊谷駅 #1

2010.09.05 (Sun)
熊谷駅


高崎駅で上信電鉄の車両を見たあとは湘南新宿ライン直通の列車に乗車し約40分で熊谷駅に到着。熊谷駅で下車して次は秩父鉄道の車両を撮影。

写真は熊谷駅北口。ちなみに駅前ロータリーの像は平安末期の武将「熊谷直実」。熊谷直実って誰?と思うかもしれないけど、平家物語「敦盛の最後」で平敦盛と一騎打ちしたのが熊谷直実。能の演目「敦盛」も演目名が敦盛だから忘れがちだが、平敦盛と並び立つ登場人物。
続きを読む »

上信電鉄 高崎駅 #2

2010.09.04 (Sat)
上信電鉄デキ1形


JRの改札を出て敷地外から留置線に停まっていた車両を撮影。手前は大正時代にドイツのシーメンスシュケルト社から購入したデキ1形電気機関車。現在は臨時列車などイベント時に使用。

奥の電車は前面に「明治5年」と描かれていることから、おそらく富岡製糸場を世界遺産に登録するためのPR列車の“世界遺産レンガ列車”「クハ304+デハ204」だと思われます。
続きを読む »

上信電鉄 高崎駅 #1

2010.09.04 (Sat)
上信電鉄 高崎駅


上信電鉄高崎駅はJRホームの旧・1番線よりの南側にありホームは頭端式。実はこの写真を撮影した場所や改札口のあたりも、かつてはJRの1番線ホームだったのですが、現在は上信電鉄への通路として使用。線路側にはフェンスが設置され乗降には使用されません。

改札の奥に車両がみえるものの、ここからでは撮影できないのでJRの2番線に移動します。
続きを読む »

両毛線 小山駅-高崎駅【乗りつぶし】

2010.09.04 (Sat)
小山駅(2017年1月)


青春18きっぷを使った両毛線を東から西に乗車する北関東周遊の旅は上野駅から宇都宮線の列車に乗車し小山駅で両毛線の普通列車に乗り換え。(小山駅の写真を追加しました)
続きを読む »

上毛電気鉄道 西桐生駅

2010.09.03 (Fri)
西桐生駅


両毛線桐生駅で途中下車して桐生駅近くの上毛電気鉄道西桐生駅を見に行きます。

上毛電気鉄道西桐生駅はJR桐生駅から徒歩5分。遠くはありませんが、乗り継ぎには便利とは言えません。駅舎はきれいに改修されているものの建物自体は開業当時からの昭和はじめの古い洋風駅舎で1998年に第2回関東の駅百選に選定。2005年には国の登録有形文化財に登録。
続きを読む »
 | HOME |  Next »